余白をつくる日本酒「Whitedrop」が新たな市場を切り拓く─日本酒で起業した21歳のZ世代・松家優さんインタビュー

SAKETIMESにて、2000年生まれの気鋭の起業家・松家優(まつや すぐる)さんのインタビュー記事が公開されました。

日本酒はファンのコミュニティが濃くなりがちで(地酒として地域の人々に愛されてきたような文化性も影響しているのかな)、「日本酒を飲んだことがない層」にアプローチしづらいという課題があります。Whitedropが挑むのは、ギフト市場。確かに一般的な日本酒って、人にプレゼントするにはリーズナブルすぎるんですよね。

お話をしながら、優くんは感性でひらめいたアイデアを他者を説得するロジックで再構築する天才だなと感じました。これからの展開が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。