“マイクロ酒蔵モデル”で新規参入の波をつくる—新潟県の新たな醸造所「LAGOON BREWERY」田中洋介さんの決意

新潟県・福島潟のほとりにこの春オープンする醸造所「LAGOON BREWERY」の代表・田中洋介さんにインタビューしました。

日本では日本酒の製造免許の新規交付がされておらず、酒蔵を造りたい人が新たに事業に参入するのは難しかったのですが、最近、法的には「日本酒」と呼べないながらもその製法をベースとした「SAKE」を造る醸造所が次々生まれています。

しかし田中さんのおもしろいところは、もともと老舗酒蔵(同じ新潟県の今代司酒造)の社長だったというところ。「なんでわざわざ?」と思わされましたし、そういう感想を持つ人は少なくないようです。

記事では「なんでわざわざ?」の理由に迫っておりますので、ぜひご一読くださいませ。お酒、飲めるのが楽しみだな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。