フルーツやハーブなどの「副原料」を活かした酒造り—福岡県の街中にある醸造所「LIBROM Craft Sake Brewery」

福岡県にオープンしたSAKE醸造所・LIBROMさんのインタビューが公開されました。

日本国内で清酒(日本酒)醸造所が新規参入できないもので、その造りをベースとする「SAKE」を造るスタートアップ事業が増えているのですが、“搾らない”ことで法に倣う「どぶろく」を造るところが多いんです。

そんな中で、あくまで澄んだお酒を造るため、フルーツやハーブを副原料にするLIBROM。

日本酒ベースのリキュールみたいな感じかしらと思ったら全然違う。日本酒の香りってフルーティなものが多いですけど、それが増幅されるような感じなんですよ。期待以上に美味しくてびっくりしました。もっとたくさんの人に飲まれてほしいなぁ!

そして創設者のお二人はもともとイタリアに醸造所をオープンしたかったけれどコロナで中断したという経緯があります。夢の海外進出がなるべくすぐに叶いますように。もちろん、そのときは海外SAKE推しとして真っ先に取材させていただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。